6 June
終了しました

【Work Shop】ANRI’S SCRIPT READING WORKSHOP 「知らない間」に英語力がついてくる

映画の台本を読むスクリプトリーディングワークショップ at NODE UEHARA

ただ「読む」だけじゃない、演技から入る英語のワークショップ。火曜日のお昼にゆったりドリンクや軽食を頂きながらNODE UEHARAで好きな映画の役になってみませんか?すべての方にオススメです。

英語でスクリプトリーディングって?
スクリプトリーディングとは、プロの役者さんが台本をもらい、役を演じる際に行うリハーサル過程です。台本の台詞を役柄の気持ちを考えながら繰り返し読んで台詞を自分のものにしていきます。

大事なのは役になりきること。
その役がどういう人物で、どんなシーンで、何のために話しているのか。それによってセリフの伝え方、ニュアンス、アクセント、イントネーションがガラリと変わっていきます。0から丁寧に発音から取り組み、セリフをそのまま自然に再現出来る様に仕上げます。映画の登場人物になったつもりで話せるとすごく楽しいですよ。ちなみに役によって変わる様々なアクセント(イギリス・アメリカだけではありません。)や「ギャングの一員」、「お嬢様」といった演じる役のステータス、職種・地域などによって変化する話し方を学べるのも面白いです。

「知らない間」に英語力がついてくる?
ただ英語を「勉強する」のではなく、英語での台詞の伝え方や身体の動きなどの全身での「演技」に焦点を当てる事によって、これまで総合的に習得できなかった「発音・リスニング・スーピーキング・表現力」を気付かぬうちに同時に全部底上げできるオススメの英語学習法です。

Anri

ニュージーランドに高校、大学と5年間滞在。パフォーミングアートと演劇を学ぶ。現地でシェイクスピア演劇際やOne Act Play演劇祭などへ参加。NZ One Act Play Competition にてBest Actress 受賞。現地のミュージシャンやアーティスト、役者とコラボレーションし、様々な作品の演出・脚本・振付に携わる。オーストラリア、シドニーのNational Institute of Dramatic Art (NIDA)にてSummer Acting Courseを修了。身体と言葉の関係性に注目したmulti-disciplinary art performanceの制作活動を東京で開始。各企業、高校、大学やプライベートレッスンでの子供から社会人までの人々に向けた英会話クラスも好評。

2017年8月京都で行われる京都銭湯芸術の祭MOMOTAROの企画・演出を担当。

詳細 ANRI‘S SCRIPT READING WORKSHOP

開催日時

全4回(6月6日、13日、20日、27日)

火曜日12:00~13:30

参加費:4回16,000円(各回軽食・ドリンク付き)

定員10名:初級者から上級者まで みんなWELCOME!

お申し込み方法

AnriまでE-mailにて直接お申し込み下さい

anri.apple@gmail.com

参加申し込み締め切り

5月31日まで

NODE UEHARA では、「食とつながりのある暮らし」を中心に様々なゲストをお招きして、イべントを開催しています。

◎当日はイベント開始10分前までにお越しください。
◎イベントは予約制ですので、「チケットを購入する」ボタンからお申し込みください。電話でのご予約は承っておりません。
◎イベントは営業中の店内の一部を使用して行います。
◎購入後のキャンセル、および返金はできかねますので、あらかじめご了承ください。